読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一人で何かとやってみるブログ

ひとりぼっちマンが頑張ってるブログです。

シェアハウスに住んでるんだが、僕はもう限界かもしれない。

 

 

よお。

 

 

くっそ久しぶりにブログを更新してみるな。

 

 

俺は今、東京のシェアハウスに住んでいる。

 

突然すぎて意味不明だと思うんだけど、まぁ聞いてほしい。

 

シンプルに言うと転職をした。前職と同じ系列の新聞社に記者として働いている。で、とりあえず研修期間として約半年ぐらい、東京の本社に身を寄せることになった。

 

その流れで、「半年だけなら家具とか家電買うのもったいなくね?」となってシェアハウスに住むに至ったわけである。

 

ここからが本題。

 

 

 

シェアハウス、マジだりい

 

 

シェアハウスって聞くと、何だか楽しそうな響きに聞こえる。

 

 

f:id:yusuke1567:20170226195607j:plain

 

住民同士で仲良くなって、リビングでくつろいで、週末はパーティなんかしちゃったりして、悩みも聞いてもらって、そこで始まる恋なんかもあったりなんかして。そう。ちょうどこの写真のようなね。

 

 

俺もこっちに来る前まではそう思っていた。単身で東京に来るわけだし、知り合いが一人もできないと寂しいしな。もしかしたら彼女ができるかも。そんなよこしまな気持ちがあったことも認める。

 

 

 

しかし、入居一か月たった今だから言える。

そんなものは妄想だ!!!!

 

 

みんながコミュニケーション強者なわけではない。

まずこれ。ドラマ「テラスハウス」では、入居者の間に「恋愛」という一つの共通認識があったため、そこにコミュニティーができやすかった。しかし、現実は違う。シェアハウスには10代~50代まで、様々な入居者がいる。俺のような地方から出てきた人もいれば、大学生もいる。役者の卵みたいなのもいる。それぐらいならまだいい。明らかにワケありの人もいるし、離婚者も住んでる。全員が同じバックグラウンドで入ってきているわけではないので、とてもじゃないけど仲良くはなれない。

 

 

隣の部屋との壁が薄い

そしてこれ。シェアハウスって基本的に一部屋だけが自分の空間なので、自分の部屋にいる時が最も重要なのだ。しかし、利用率を増やすために明らかに無理して部屋を多く作っているので、明らかに隣の部屋が近い。電話してる声とか筒抜けだし。テレビの音漏れ倒してるし。そして、俺の隣の入居者は目覚ましがうるさすぎる。6時とかに爆音で設定してるくせに全然起きない。これに関してはマジで死活問題である。

 

 

 

人間関係がややこしい。

よそではどうか知らないけど、うちのシェアハウスにはカースト制がある。入居期間が長い人、大企業に勤めている人、英会話ができる人、コミュ力がある人。そういう人の持つ力が、段々大きくなっていくのだ。で、その周りには多くの人が集まってる。ちょうど女子のスクールカーストみたいなもの。嫌われたら全員からハブられる。みたいな。「社会人にもなってまだそんなこと?」って思うかもしれないけど、これは本当。知らない人たちが無理やり集団になったら、そうなるようにできているんだと思う。本能みたいなもの。ちなみに俺はそういう人間関係がくっそ苦手なので、適当に流してる。

 

 

 

以上、この三つが俺を消耗させている。まだまだ慣れない仕事を終えて、くたくたになって帰ってきたらこれだ。いや、マジ勘弁。最近は仕事場のほうが楽なんじゃないかとか思えてきた次第である。

 

 

これからシェアハウスの入居を考えている人、そしてシェアハウスってなんだか楽しそうだね。とか思っているお花畑ちゃんたちに、少しでもパンチを食らわせられれば、俺がここで苦しむ価値も出てくるってもんだ(最悪)

 

 

シェアハウスとか、結局『貧乏人が集う場所』だからな。変な期待を持つなよ!実家にいろ!!!

 

 

以上だ。

 

 

★☆★☆★☆

 

 

久しくブログを書いてなかったから、もう誰も見てないと思ってたら今日だけでアクセスが280とかなってた。

 

f:id:yusuke1567:20170226202739p:plain

 

 

こりゃおかしいぞ。と思って調べてみたら、どうやら以前書いた飛田新地ネタ

 

yusuke1567.hatenablog.com

 が、Googleの「飛田新地」アクセスの9番目にあがっているようであった。

f:id:yusuke1567:20170226202938p:plain

 

「ただの変態」として世の中に羞恥をさらけ出しているのでこれがいいのか悪いのかはよくわからないけど、とにかくアクセスがあることは嬉しいので、これからも偶に更新していきますね。

 

 

では。

当ブログが前職の同僚に見られているかもしれない件について

f:id:yusuke1567:20160914180852j:plain

 

 

由々しき問題である。

 

 

最近、僕のFacebookの「知り合いかも?」欄に、やたらと前職の方が出てくることが事の発端であった。知り合いも何も、同じ部署で働いていたんですけども・・・。というレベルで関わり合いのあった人なんだけれども、なぜFacebookが探し当ててきたのか全く見当が付かなかった。その方とはプライベートでの付き合いは一切なく、メールアドレスはおろか電話番号すら知らない。同じグループラインに入っている。という程度で、インターネット上での繋がりは皆無のはずであった。

 

 

最近のSNSはすごいんだなあ。程度に悠長に構えていたのだが、どうやら事情が違ったみたいだ。あの「知り合いかも?」欄に表示されるのは、自分のページを頻繁に見に来る人である可能性が高くなってきた。

 

 

僕は、自分で満足する内容のブログをかけたときはFacebookにも投稿するようにしている。てっきり友達だけが閲覧できるものとばかり思っていたが、部外者でも自由にみられるように設定されているのであればこれは非常に気まずい出来事である。

 

 

 

これまで、前職の異常性を散々書いてきた。あれを見られているとなれば、それは盛大にしかけたフラッシュモブであっさり断られるぐらいに恥ずかしい事である。これはキツい。いや、別にその方一人であるなら良いのだけれども、1人が知っていれば50人は知っている。というゴキブリのような噂の回り方をする会社だったので、おそらくはたくさんの同僚から見られている。ということになると思われる。

 

 

 

まぁ、もう一切関係が無いし、書いてあることは多少脚色を加えているものの事実であるので何一つ恥ずべきことではないのだけれど、それでもやはり心の中で苦々しいものが残ってしまうのだ。

 

 

とりあえず、こそこそと覗きに来ているかもしれない方に、一言申し上げておこうと思う。

「こんなブログを見ている暇があれば、提案原稿の一つでも書けばどうですか」と。

 

僕がブログを書けなかったのは、どう考えても飛田新地が悪い。

ひとりごと

 

 

こんにちわ。

 

お久しぶりです。本当にお久しぶりです。前回の更新から約2週間がたってしまいました。「1日1記事」を目指す僕にとって本当に長い時間ブログを更新していませんでした。

 

 

この2週間の間、広島県に2泊3日の一人旅に出ておりました。しまなみ海道で見た風景が本当に綺麗で、日々の喧騒の中で消耗した心をそっと癒してくれました。

 

 

まぁそんな、何の言い訳にもならないような話はさておき、本題に移りたいと思います。僕が2週間もブログを更新できなかった理由、それはタイトル通り、「飛田新地」のせいだと断定しております。

 

 

僕は以前、飛田新地に行って逃げ帰ってきた記事を2本ほどアップしました。すると閲覧数はあっという間に伸びていき、当ブログの人気記事1位にまで昇りつめてしまったのです。

f:id:yusuke1567:20160907195735p:plain

「エロ系はPVが増える」という法則よろしく、それまで約1年間書いてきた記事をものの数日で抜き去ってしまいました。多くの人から見ていただいてうれしい反面、僕の心境は複雑でした。

 

 

これからどれだけ頑張って記事を書こうとも、この「飛田新地レポ」を追い越すことはできないのではないだろうか。その不安が、僕からブログを書く気力を段々と薄れさせていったのです。こういった症状は「燃え尽き症候群」として知られています。

 

 

 

燃え尽き症候群

それまで意欲を持って一つのことに没頭していた人が、あたかも燃え尽きたかのように意欲をなくし、社会的に適応できなくなってしまう状態のこと。

 

 

それまで面白いブログを書くことを生きがいにしてきた僕にとって、この虚無感はまさしく燃え尽き症候群のそれでした。ちなみに社会的に適応できなくなってしまうのは元からです。

 

 

それからの日々は地獄でした。どこにいても、何をしても頭の片隅には飛田新地が影を落としています。その魔力は恐ろしく、おかげで食はどんどん細くなり、体重も73㎏という理想的なラインをキープ、仕事もうまいことサボることを覚えて全く無気力になってしまいました。

 

 

この地獄を終わらせるため、いっそ飛田新地を燃やしてやろうという三島由紀夫の「金閣寺」ばりの犯行を企てましたが、そんなことをしたら世の殿方から八つ裂きにされて大バカ者として世に名を遺すことになるので、あっさり断念しました。

 

 

そんなわけで、最近ようやく呪縛から解放され、またしょうもないブログを書こうという思いに至ったので、少しづつではありますがまた更新していきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

(本当はめんどくさかっただけ)

 

 

 

お腹が痛くなった時の対処法

考えた 考えた

 

 

f:id:yusuke1567:20160826000532j:plain

 

 

こんにちわ。

 

暑いですね。本当に全裸になりたいくらい暑いですね。

これだけ暑いとどうしても冷たいものが欲しくなります。キンキンに冷えたビール、冷たいかき氷、口に含んだ時の幸福感たるや絶頂ものだと思います。しかし、幸せもつかの間しばらくするとお腹が・・・なんてことはありませんか。そう、みんな大好きOPPです。

 

 

夏はどうしてもお腹が冷えてしまいますよね。あまりの出来事に冷や汗をかいた経験も少なくはないでしょう。そこで、今日は突然お腹が下ってきたときのスマートな対処法をお伝えしたいと思います。ちなみに僕は過敏性腸症候群潰瘍性大腸炎という腸の病を二つも抱えていて、常にお腹と競争している男なのでご安心ください(何を)

 

 

  •  お腹の対処法その1:とにかく落ち着く

これは一番大事といっても過言ではありません。とにかく落ち着いてください。痛みを感じるととパニックになってしまいがちです。汗だくになりながら前かがみで早歩きするお馴染みのやつです。お腹の痛みは自分の弱さに付け込んでくるので、焦れば焦るほど激しい波が襲ってきます。なので、痛みを感じた段階で一度立ち止まり、大きく深呼吸をしましょう。そして、心の中で「あ、今お腹が痛いと感じているな」と自分に起きていることを冷静に実況するのです。焦ってなんかいませんよ。と余裕の表情で涼しく歩きましょう。そうすると不思議なことにお腹の痛みはだんだんと引いていきます。最初は見せかけでもはったりでも構いません。とにかく落ち着くこと。これを最優先に意識してください。

 

 

  • お腹の対処法その2:その辺のビルで用を足す

外出先でお腹が痛くなった時、どうしても近くのコンビニや公衆トイレを探してしまいませんか?緊急事態であるにも関わらず律儀に共用スペースを探すのは、餓死しそうなのにお箸がないから食べられないっていう人と同じです。その辺の建物に平気で入ればいいんです。何よりテナントビルが一番使い勝手が良いです。たいていのテナントビルは1階にお手洗いがあるので部外者でも入り込むことができます。もちろん警備員も立っていますが、堂々と入っていけば案外すんなり入れるもんです。なので、わざわざコンビニを探して自分を追い込むよりも、その辺の建物を利用しちゃいましょう。僕はこれで何度も助けられました。

 

 

 

  • お腹の対処法その3:温かい飲み物を飲む

これは緊急処置ではありませんが、お腹に痛みが走ったらできるだけ冷たい飲み物は控えて、温かい飲み物を積極的に摂取してください。というのも、冷たいものを飲むと腸が刺激されて動きが速くなってしまうのです。その状態が続けば、しっかりと腸の中で溜めておくことができません。なので、温かいものを飲んで、腸の状態を正常に戻してやることが大事です。ここを理解している人が意外に少なく、用を足したからまた冷たいものを飲む。という人が大勢います。これでは同じことの繰り返しなので、お腹の痛みから解放されたければ我慢して温かいものを飲んでください。

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

これさえ知っておけばもう何も怖くはないですね。明日から快腸ライフを送れると思います。まぁ本音を言わせてもらえば、雄大な大地を便器に思いっきり出してほしいところですけどね。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★

 

僕は全裸を証明しようと思う。

考えた

f:id:yusuke1567:20160820183643j:plain

 

暑い。

 

8月も下旬に差し掛かっているのに、とても暑い。最高気温は36℃を優に超え、夜になっても熱帯夜が続く。連日の猛暑に体力と気力は奪われ続け、何となく体調が悪い夏バテ状態に見舞われている。どうやら今年も残暑が厳しいようで、9月に入ってもしばらくは真夏の日々が続くらしい。

 

これだけ暑いと、まともに思考も働かない。理性は暑さで溶け、むき出しの感情が頭の中を支配する。

 

 

もうみんな全裸でいいんじゃないか!?

 

今日はみんなが一度は思ったであろう「もう全裸でいい」という感情を、できるだけ理論的に冷静に書いてみようと思う。バカバカしいことは百も承知だが、本人はいたってマジメなので悪しからず。

 

 

  • 全裸でいい理由1.動物はそもそも裸だ。

根本から考え直してほしいのが、そもそも服を着ている動物は人間だけだということ。猿も馬も、キリンさんも象さんもみんなすっぽんぽんなのだ。それでも恥ずかしがる素振りもなくいたって堂々としている。人間だって地球に住む動物の一員なのだから、全裸の生活を受け入れるべきだと思う。

 

  • 全裸でいい理由2.地球温暖化を食い止められる(気がする)

服を着ているおかげで体内温度が上昇し、暑さに拍車をかけている。その結果クーラーの使用量が増え、地球温暖化の要因になってはいないだろうか。「上手な重ね着で体温調節を」なんていうけれど、服を着ないことが一番の体温調節だと思う。そうしたらクーラーの使用量も減るだろうし、原発も止まるだろうし(突飛)万々歳だ。

 

 

  • 全裸でいい理由3.健康意識が高まる。

常に全裸を強要されると、だらしない肉体ではいられない。余分な贅肉を筋肉に変えるため、人々の健康意識は高まる一方だ。そもそもこの「服」という甘えがあるからデブは太るんだ。脱げ。デブは脱げ。

 

 

  • 全裸でいい理由4.人口減少に歯止めがかかる(きっと)

日本は深刻なセックスレスに悩まされているが、これは開放的になることで一気に解決される(と思う)「情熱の国ジパング」と呼ばれる日も近い。経済的理由とかいろいろ問題はあると思うけど、そんなもんは知らん。動物的に子づくりすればいいと思う(無責任)

 

 

いかがだっただろうか。

服を着るという概念を覆すことで様々なメリットを見出し、ひいては日本の抱える社会問題を解決する糸口まで見つけることができた。これからも常識をガンガン壊して僕のトンデモ理論でドンドン日本を救っていきたい。

 

 

★☆

 

 

ぼくは愛を証明しようと思う。

ぼくは愛を証明しようと思う。

 

 

就職診断したら「傀儡師」だった件

やってみた

 

 

f:id:yusuke1567:20160818230353j:plain

 

 

こんにちわ。

今さっきの話なんだけど、インターネットで「どこよりも正確な就職診断」というサイトがあったから、すかさずやってみたんだ。というのも、僕は一応新聞社の編集という職を得ているんだけど、契約社員だから3年でリリースされちゃうんだよね。てことは3年後また無職になることが確定しているんだよ。さすがに26歳での無職は社会的に攻めてるだろ?だから今からそれなりに準備しておかないと、って日々思っていたから、この「どこよりも正確な」っていうワードに釣られてやってみたんだ。そしたら、

 

 

 

 

f:id:yusuke1567:20160818231411p:plain

 

「く、、、、、くいおjヴぁqr(読めない)し」だとぉぉお!?

 

 

知らない。そんな職業知らない。知らないどころか読めない。それ、いったいどんな仕事なんだよ。てかその前に何て読むんだよ。不安と期待を背負いながらGoogle先生に聞いたところ、どうやらこれは「くぐつし」と読むらしい。

 

 

傀儡子(くぐつし、くぐつ、かいらいし)とは、木偶(木の人形)またはそれを操る部族のことで[3]、当初は流浪の民旅芸人のうち狩猟と傀儡(人形)を使った芸能を生業とした集団、後代になると旅回りの芸人の一座を指した語。傀儡師とも書く。また女性の場合は傀儡女(くぐつ め)ともいう。

wikipediaより)

 

 

ぶ、部族・・・

 

いや何かもうダメっぽくね?このデジタルネイティブの時代に木の人形を操る部族とか言ってる時点で時代錯誤甚だしいじゃん。そもそもこの職業に適正なんてあるんか。あるとすれば自分のどの部分が適正だったのか。わからないことが多すぎて、職業決めるつもりが逆に不安になりました。

 

 

 

www.arealme.com

ちなみにこのサイトなので、ぜひやってみてください。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★

 

 

 

 

 

 

転職後のリアル

ひとりごと

f:id:yusuke1567:20160815212620j:plain

 

前回、前々回とネタ記事が続いたので、今回は少しはまともなことを書こうと思う。みんな大好き、「転職」についてだ。

 

 

転職して3ヶ月が経った。仕事も少しずつ慣れてきたが、できるようになったと思ったらまた新しい事が待っているので、まだまだ苦悩の毎日が続きそうだ。転職した当初は、前職の理不尽さやプレッシャーから解放されて「転職最高!」と叫んでいた。しかし3か月という月日が経つにつれて少しばかり心境が変わってきたので、そのことを書きたい。「前と言ってることが違うじゃないか!」と思われるかもしれない。けれど、「仕事を通して人間的成長を!」なんて言ってた大学生が社会に出てたった2ヶ月で「死にたい」と逝ってしまうように、人間の心境は常に変化していくものなので、悪しからず。

 

 

 

 

  • 転職しても自分自身は何も変わらない。

ここだけはしっかり抑えておきたいのだけど、いくら転職して環境を変えようが自分自身を変えることはできない。僕も転職当初は「ここでバリバリ働くぞ!」と思っていたけど、苦手なものは苦手なままだ。相変わらず物覚えは悪いし、慎重すぎるせいでいつも「遅い」と怒られる。指摘されるポイントは前職から何も変わってない。そういった部分は経験でカバーできるんだけど、転職すればイチからのスタートなので苦手なところがもろに露呈してしまう。これは自分のダメっぷりを改めて突き付けられるようで、結構辛かったりする。

 

 

 

  • めんどくさい人間関係はどこにもある。

前職は超管理型企業で人間関係の歪みが異常だった分、転職先にはクリアな人間関係を求めていた。しかし転職して3ヶ月、段々と職場の嫌な部分も見えてくる。軽い気持ちで言った愚痴が他部署で回っていたり、いい人だと思っていた先輩が嫌われていたり。みみっちい噂や陰口が当然のように横行している。当然といえば当然かもしれないけれど、どこの職場にも複雑な人間関係は存在する。そういう面倒事からは常に距離を置いてきた僕にとって最初は抵抗を感じたけれど、少しずつ免疫をつけなければ社会の中では生きていけないんだろうなと思うようになった。ただ、そればかりに意識して太鼓持ちのようになるのはどうかと思うけれど。とにかく、求人に出ているような「社員全員が仲良くアットホームな職場」などはありえないことを知った。

 

f:id:yusuke1567:20160815205740j:plain

↑こういうの。

 

 

  • 不安は職場を変えてもついてくる。

この仕事が将来に役立つのか、こんな古いやり方では会社自体長くは持たない(実際売り上げは下降気味)など、前職では漠然とした不安を抱えながら働いていた。それはやがて大きくなり、仕事に支障をきたし始めた。そういった不安は、職場を変えれば自然といなくなると思っていた。しかし、職場を変えた今、その不安は姿を変えてまた自分のそばを付きまとう。思うに、どの仕事に従事していようと不安と手を切ることはできない。たとえ宝くじに当たって億万長者になったとしても、「強盗が入ったらどうしよう」とか「病気になったらどうしよう」といった不安に襲われるんだと思う。

 

 

 

 

以上のことから推察するに、転職はすこぶるめんどくさいものなんだと思う。すべてがイチからのスタートで、自分を知ってる人がいない。仕事お覚えるのはおろか、職場に慣れるのすら時間がかかる。できるだけ楽をしていたい人間にとってこれほどの面倒事はないと思う。しかし、それでも僕は転職してよかったと心から思っている。あの職場に居続けたら、今頃立派な奴隷として死んだように生きていたと思う。

 

 

 

支離滅裂なことを言ってきた。結局は何が言いたいんだと思うだろう。いろいろと心境の変化はあったけれど、根っこの部分は変わらない。「仕事を辞めても何とかなる」ということ。今辞めたら働き口はない。とか、3年はやらないと意味はない。とか、誰かが作った固定観念に異を唱えたい。転職ですべてがハッピーになることはないけれど、それでも転職はもっとフランクにしていいと思う。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆

 

疲れた。じゃーね。