読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

就職診断したら「傀儡師」だった件

やってみた

 

 

f:id:yusuke1567:20160818230353j:plain

 

 

こんにちわ。

今さっきの話なんだけど、インターネットで「どこよりも正確な就職診断」というサイトがあったから、すかさずやってみたんだ。というのも、僕は一応新聞社の編集という職を得ているんだけど、契約社員だから3年でリリースされちゃうんだよね。てことは3年後また無職になることが確定しているんだよ。さすがに26歳での無職は社会的に攻めてるだろ?だから今からそれなりに準備しておかないと、って日々思っていたから、この「どこよりも正確な」っていうワードに釣られてやってみたんだ。そしたら、

 

 

 

 

f:id:yusuke1567:20160818231411p:plain

 

「く、、、、、くいおjヴぁqr(読めない)し」だとぉぉお!?

 

 

知らない。そんな職業知らない。知らないどころか読めない。それ、いったいどんな仕事なんだよ。てかその前に何て読むんだよ。不安と期待を背負いながらGoogle先生に聞いたところ、どうやらこれは「くぐつし」と読むらしい。

 

 

傀儡子(くぐつし、くぐつ、かいらいし)とは、木偶(木の人形)またはそれを操る部族のことで[3]、当初は流浪の民旅芸人のうち狩猟と傀儡(人形)を使った芸能を生業とした集団、後代になると旅回りの芸人の一座を指した語。傀儡師とも書く。また女性の場合は傀儡女(くぐつ め)ともいう。

wikipediaより)

 

 

ぶ、部族・・・

 

いや何かもうダメっぽくね?このデジタルネイティブの時代に木の人形を操る部族とか言ってる時点で時代錯誤甚だしいじゃん。そもそもこの職業に適正なんてあるんか。あるとすれば自分のどの部分が適正だったのか。わからないことが多すぎて、職業決めるつもりが逆に不安になりました。

 

 

 

www.arealme.com

ちなみにこのサイトなので、ぜひやってみてください。

 

 

 

☆★☆★☆★☆★

 

 

 

 

 

 

転職後のリアル

ひとりごと

f:id:yusuke1567:20160815212620j:plain

 

前回、前々回とネタ記事が続いたので、今回は少しはまともなことを書こうと思う。みんな大好き、「転職」についてだ。

 

 

転職して3ヶ月が経った。仕事も少しずつ慣れてきたが、できるようになったと思ったらまた新しい事が待っているので、まだまだ苦悩の毎日が続きそうだ。転職した当初は、前職の理不尽さやプレッシャーから解放されて「転職最高!」と叫んでいた。しかし3か月という月日が経つにつれて少しばかり心境が変わってきたので、そのことを書きたい。「前と言ってることが違うじゃないか!」と思われるかもしれない。けれど、「仕事を通して人間的成長を!」なんて言ってた大学生が社会に出てたった2ヶ月で「死にたい」と逝ってしまうように、人間の心境は常に変化していくものなので、悪しからず。

 

 

 

 

  • 転職しても自分自身は何も変わらない。

ここだけはしっかり抑えておきたいのだけど、いくら転職して環境を変えようが自分自身を変えることはできない。僕も転職当初は「ここでバリバリ働くぞ!」と思っていたけど、苦手なものは苦手なままだ。相変わらず物覚えは悪いし、慎重すぎるせいでいつも「遅い」と怒られる。指摘されるポイントは前職から何も変わってない。そういった部分は経験でカバーできるんだけど、転職すればイチからのスタートなので苦手なところがもろに露呈してしまう。これは自分のダメっぷりを改めて突き付けられるようで、結構辛かったりする。

 

 

 

  • めんどくさい人間関係はどこにもある。

前職は超管理型企業で人間関係の歪みが異常だった分、転職先にはクリアな人間関係を求めていた。しかし転職して3ヶ月、段々と職場の嫌な部分も見えてくる。軽い気持ちで言った愚痴が他部署で回っていたり、いい人だと思っていた先輩が嫌われていたり。みみっちい噂や陰口が当然のように横行している。当然といえば当然かもしれないけれど、どこの職場にも複雑な人間関係は存在する。そういう面倒事からは常に距離を置いてきた僕にとって最初は抵抗を感じたけれど、少しずつ免疫をつけなければ社会の中では生きていけないんだろうなと思うようになった。ただ、そればかりに意識して太鼓持ちのようになるのはどうかと思うけれど。とにかく、求人に出ているような「社員全員が仲良くアットホームな職場」などはありえないことを知った。

 

f:id:yusuke1567:20160815205740j:plain

↑こういうの。

 

 

  • 不安は職場を変えてもついてくる。

この仕事が将来に役立つのか、こんな古いやり方では会社自体長くは持たない(実際売り上げは下降気味)など、前職では漠然とした不安を抱えながら働いていた。それはやがて大きくなり、仕事に支障をきたし始めた。そういった不安は、職場を変えれば自然といなくなると思っていた。しかし、職場を変えた今、その不安は姿を変えてまた自分のそばを付きまとう。思うに、どの仕事に従事していようと不安と手を切ることはできない。たとえ宝くじに当たって億万長者になったとしても、「強盗が入ったらどうしよう」とか「病気になったらどうしよう」といった不安に襲われるんだと思う。

 

 

 

 

以上のことから推察するに、転職はすこぶるめんどくさいものなんだと思う。すべてがイチからのスタートで、自分を知ってる人がいない。仕事お覚えるのはおろか、職場に慣れるのすら時間がかかる。できるだけ楽をしていたい人間にとってこれほどの面倒事はないと思う。しかし、それでも僕は転職してよかったと心から思っている。あの職場に居続けたら、今頃立派な奴隷として死んだように生きていたと思う。

 

 

 

支離滅裂なことを言ってきた。結局は何が言いたいんだと思うだろう。いろいろと心境の変化はあったけれど、根っこの部分は変わらない。「仕事を辞めても何とかなる」ということ。今辞めたら働き口はない。とか、3年はやらないと意味はない。とか、誰かが作った固定観念に異を唱えたい。転職ですべてがハッピーになることはないけれど、それでも転職はもっとフランクにしていいと思う。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆

 

疲れた。じゃーね。

飛田新地の誘いを断る理由を必死に考えた。

考えた 考えてみた

 

 

f:id:yusuke1567:20160811235013p:plain

 

まずは前回記事を読んでもらいたい。

 

yusuke1567.hatenablog.com

 同期が飛田新地に行こうというので興味本位で下見してきたところ、ビビって帰ってきたって話なんだけど、その同期がついに日程調整までしてきて、いよいよヤバい。

 

 

いや、そりゃ僕も男だしあれだけの可愛い嬢を前にすると出るところも出るようにはなるんだけど、15分11,000円というコスパの悪さと、何より周りの男全員と穴兄弟になるってことが神経質な僕には耐えられない。どう考えても無理だよ。暗黒面に落ちちゃうよ。

 

 

そこで、何とか断る理由をいくつか考えたので発表したい。下らない事は百も承知なんだけど、当人はいたって真剣なので最後まで見ていただけるとありがたい。

 

  • 体調が悪くなった。

断り文句としては定番の当日急に体調崩すやつ。まぁ病気持ってるって言い訳すればたいていはこれで切り抜けられるんだけど、これでは根本的解決にはならない。なぜなら日を改めてまた行こう。という流れになるのがオチだからだ。それにこれだと「本当は行きたかった」という気持ちを添えねばならないので、間違いなくひと月後には誘ってくる。

 

 

 

  • お金がない。

穏便に断るにはこれが一番かなと思っている。金額を理由にすればだいたいの面倒事はスルーできる。まさか他人の行為におごってくれるようなバカげた奴もいないだろうし。ただ、この11,000円という金額がどうも微妙。正直出そうと思えば出せる額ではある。結局は「お金を言い訳にして本当は怖いんだろう?」と確信を突かれてしまう恐れがあるからだ。これは避けたい。

 

 

 

  • ホモ・セクシャルだと告白する。

実は男が好きなんだと。だから女を見ても何とも思わない。だから行かない。正直言い訳としてはかなり苦しいと思っている。けれど、この「性」に関する問題は他人が易々と踏み込めない領域であるため、抜群の効果も期待できる。最近はLGBTも社会的に認められているので、そう珍しくもないだろう。ここぞという時の切り札として、一応持っておきたい。この前思いっきり女の子の話してたけど。

 

 

  • EDであることを告白する。

機能不全なんだと。笑うんなら笑え。もう、使い物にならないんだよ。そこまで深刻な問題を抱えていることを告白すれば相手もわかってくれる気がする。「そうか、大変だな。悪かったよ」って。何だったら謝ってくるかもしれない。ただ、嘘ではあれども他人に「あいつはEDだ」と思われることに対して、それを受け入れる度量が自分にあるかという所ではある。

 

 

 

いくつか思いついたものを挙げてみたけども、結局は自分との戦いなのかもしれない。自らのプライドを守るために恥を忍んで頑なに断るのか、それとも一歩踏み出す勇気を出して暗黒面に落ちるのか。どちらにしても後悔のないほうを選びたい。(いい話にしたいだけ)

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

 

一人で飛田新地に行って逃げ帰ってきた話。

行ってきた

 

 

f:id:yusuke1567:20160811224241j:plain

 

飛田新地に行ってきた。

 

飛田新地といえば大阪市西成区にある日本最大の遊郭、まぁわかりやすく言えばエロ屋さん。男がお金を払ってやる場所なわけだけども、そんなところに今回、一人で行ってきた。

 

 

というのも、前職で唯一仲の良かった同期が最近大人の遊びを覚えたらしく「今度、飛田新地行こうや!」と誘ってきたので、その飛田とは何ぞやとデートの下見感覚で見物しに行ったわけである。マジメかっ!正直、この手の店には疎かったので、僕自身どんな場所なのか想像もつかなかった。しかしこの後、遊郭童貞の僕は想像を絶する光景を目の当たりにする・・・。

 

 

 

JR阿倍野駅から徒歩15分、閑静な、というより誰もがそこを避けているような商店街の一角に飛田新地はあった。時間は午後8時30分。辺りも暗くなりはじめ、夜の街に明かりが灯る時間帯である。上の写真のように軒並み並んだお店が異様な明かりを照らし始める。

 

 

 

ここに来て初めて感じたのは、その匂い。甘いような気だるい様な、とにかく浮世離れした強烈な香りが辺りを覆いつくしている。これを嗅いだ男はムスコがセガレになるとか、もしかしたらそんな効果を持っているのかもしれない。

 

 

 

当然だと思うけど辺りを歩いているのは男だらけ。ここでは一匹のオスと呼んだほうがいいかもしれないけど。とにかくギラギラさせた野郎がたくさんいる。性欲の偉大さを改めて実感させられる。客層は20代の若者から50代のオッサンまで様々。ざっと見た感じ、大学生の集団がモノ見たさで来ているのが3割、「いざ出社!!」ってぎらついたサラリーマンが3割、ゲテモノが2割、残りの2割は筋が違うっぽい人。。。

 

 

 

まだ店も見てないけど、何となく悟ってきた。「ここ、怖えええ」だってなんかヤバそうな人いっぱいいるもん。ちょっとおらついた兄ちゃんとか、いかついオッサンとかのレベルじゃないもん。肩でも当たろうもんなら「どう落とし前つけるんじゃボケぇ!」って言われそうだもん。「なーんもする前からこそこそ逃げ腐りやがってオオ!?」とか。(アウトレイジ見すぎ)

 

 

 

 

で、肝心の店内なんだけど、だいたいこんな感じ。

f:id:yusuke1567:20160811235013p:plain

絵が下手すぎてマジでごめんな。ほんとは写真でアップしたかったんだけど、撮影したら「怖い人」が来るらしいからちびって逃げたわ。基本的にどの店も2トップで構えてて、真ん中が嬢、右の呼び子してくるババア。これが後何十件も並んでる。で、ギラギラした男たちは順番に品定めしていってタイプの嬢の店に入っていく。ってシステム。店は二階建てになってて、そこで事が行われるらしい。

 

 

 

最初に言っとく、嬢マジで可愛い。そこら辺に歩いてても振り向くレベル。振り分けると、稲垣早希が4割、加藤沙里が3割、メガネっ子1割、ロリ系1割、ゲテモノ1割って所。いずれも男が好きそうな子ばっかりで、見てて飽きない。ゲテモノはたぶんひん曲がった性癖の殿方向けだと思われる。誰にでも優しい、そこに痺れる憧れるう。そして何より乳がデカい。おそらく豊胸してるだろうけど、Fは堅い。Gも夢じゃない。何ともロマンのある嬢たちだった。こんな子がこっちに向かって「おいでー♡」って言ってくるのだ。正気の沙汰じゃない。

 

 

 

で、問題は右にいるババアだ。この人たちはキャッチ的な役割を果たしてて、だれかれ構わずガンガン声かけてとにかく店に引っ張り込もうとしてくる。これがかなり危ない。「お兄ちゃんほらそんなとこで止まってんとちょっと見てってよほら可愛い子いるよおいでおいでなぁ迷ってんと中入ってきてよほらほらちょっとそこのお兄さんなぁなぁなぁなぁ」

 

 

「怖ええええええええええええええ」

 

半端ない怖い。もう一回言う。半端ない怖い。河原町や梅田にいるキャッチの兄ちゃんとは比べ物にならないほどの吸引力ある。ぼけっとしてたら腕引っ張って無理やり連れてかれる勢い。何とも異世界な飛田新地、恐るべし。ちなみに料金は15分11,000円で、5分延長ごとにプラス5,000円。高いか安いかはその人次第だけど、嬢の顔が見れる分、はずれがないと思えばそれだけの価値はあるかも・・・。

 

 

 

今回はお金も持ってなかったし見て回っただけで逃げ帰ってきたけど、今度同期が誘って来たらマジでどうしようか。今から恐れ慄いている僕でした。

 

f:id:yusuke1567:20160812002354j:plain

↑帰り際に撮った1枚。ちなみにこの「別館」はゲテモノでした。

 

 

 

★☆★☆★☆

ひとr

 

おすすめの本を聞くのはやめてほしい。

ひとりごと ひとりごと

 

 

f:id:yusuke1567:20160810222632j:plain

 

人に本を紹介するのが、苦手だ。

 

 

「休みの日は何をしているの」という質問に対して「読書ですかねえ」って応えると、「お勧めの本は?」という流れになることが多い。実際、本は結構読んでるほうだし、決して嘘ではないんだけれど、このパターンに入るたびにこんなことなら適当に「散歩」とかにすればよかったと思う。

 

 

「おすすめの本?知らねえよ」

 

 

どうやらあまり本を読まない人からすると、「本を読む」=「小説を読む」と勘違いしているみたいで、一般的な小説の知識が豊富だと思われている。ところがどっこい、僕が好んで読んでる本は専門的な新書であったり、哲学的な本だったりするため、その筋に全く関心のない人が読んだりすると意味不明のわけ不能。最初の一行で早くもブックオフ行きが決定してしまうわけである。なので、あまり活字を読まない人に、本の良さを知ってもらう第一歩となるものを紹介するのは、とても難しい。

 

 

 

そもそも、本の楽しみは「選ぶ」ことが7割を占めていると思っている。ふと立ち寄った本屋で見つけた一冊がとても感動的だったとか、全く興味のない分野の本を何となく買ってみたら新たな発見があったとか、そういった偶然の出会いこそが実は本の醍醐味だったりする。とてもめんどくさくてコスパも悪いけれど、この感動を知らないことは実にもったいない。パンの日にパンを買わない並にもったいない。

 

 

なので、本を読もうと思ったのならば、できるだけ自分の足で探してほしい。何を読めばいいのか分からないという人は諦めてyoutubeでも見ててくれ。そして「おすすめの本は?」と聞くのならせめて「どのジャンルの?」という問いには返せるようにしてほしい。ジャンルさえ絞れればある程度のアドバイスはできるからだ。それさえわからない人はポケモンGOをおススメする。

 

 

【それでも何とかおすすめの本を紹介してみる】

 

 

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

 

 

 

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

半島を出よ〈下〉 (幻冬舎文庫)

 

 

 

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

 

 

 

 

 

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

[考えた]続・高校野球の応援歌ランキングベスト10!

考えてみた

 

こんにちわ。

 

8月ですね。夏ですね。暑いですね。

暑いといえば甲子園ですよね!!!!(3回目)

 

 

今日は前回の続きで「甲子園の応援歌ベスト5」を発表します。

 

yusuke1567.hatenablog.com

 (初めての人はこの記事からどうぞ)

 

それではいきます。

 

  • 第5位 「エル・クンバンチェロ」

www.youtube.com

高校野球のド定番曲です。もうこの辺りからは僕の語彙力不足で「ヤベゑ」としか言いようがありません。とにかくヤバい。合奏曲としても有名らしく、吹奏楽との相性はバツグン。さらに各校によってアレンジを加えていたり、テンポが少し違ったりするので、そういう微妙な違いを聞くのも楽しみの一つですね。

 

 

  • 第4位 「サウスポー」

www.youtube.com

おなじみサウスポーでございます本当にありがとうございました。高校野球のために生まれたと言っても過言ではありません。冒頭の「お前が決めろよ!」から最後の「○○(高校名)打線の意地を見せろよ~!」まで全員が歌える定番曲です。歌える曲って盛り上がりが増すのでいいですよね!

 

 

www.youtube.com

カッコいいですよね!!ヤバいですよね!!!もう解説なんて不要なんですよ。(仕事放棄)曲を!!聞けよ!!!って感じです。何か好きな理由があるわけではないんですけど、無条件で3位にランクイン。元は手塚治虫氏原作「海のトリトン」のアニメ主題歌として使われていました。「ゴーゴー!トリトン!」のところとか最高にカッコいいです。

主題歌ver.

www.youtube.com

 

  • 第2位 「アフリカンシンフォニー」

www.youtube.com

大人気アフリカンシンフォニーです。問答無用、全会一致で第2位です。どうですかこのラスボス感。打てる気しかしないですよね。この曲がかかれば牽制球をホームランにすることもできますし、送りバントエンタイトルツーベースを狙うことも可能です。とにかく不可能を可能にする曲、それがアフリカンシンフォニーです。大事なのでもう一度言います。アフリカンシンフォニーです。

 

 

 

 

 

ざわざわ・・・・

 

 

 

 

  • 第1位 「ジョックロック」

www.youtube.com

高校野球ファンなら知らない者はいないという伝説の魔曲、「ジョックロック」が堂々の第1位に輝きました。この曲は甲子園常連校である智弁和歌山智弁学園高校以外は使用してはならないという暗黙のルールがあり、実際にこの曲を無断で使用した高校は智弁サイドから圧力がかかったとまで言われています。すべての応援歌はジョックロックの前座。この曲がかかれば無条件で5点は入る。相手ピッチャーは諦めて帰る。という言い伝えがあります。それほどまでに恐れられている曲です。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか

 

改めて振り返ってみるとド定番曲ばっかりでわざわざ僕が紹介する必要はなかったなと思うところでございます。それはさておき、夏の甲子園では応援のほうも注目してみると、より一層楽しめると思いますよ!

 

 

 

 

ちなみに、あの応援歌はレギュラーメンバー全員にアンケートを取って、好きな曲をかけてもらえる。という高校が大半で、我が母校もそうだったのですが、「気が散るだけだから何でもいい」と持ち前のクソっぷりを発揮したところ、僕の応援歌にはなぜか「ポパイ・ザ・セーラーマン」が選ばれていました。

 

 

www.youtube.com

 

定番だけどなんかダサい・・・。

 

 

 

 

 

 

 

[考えた]高校野球の応援歌ランキングベスト10!

考えてみた

 

 

f:id:yusuke1567:20160805215941j:plain

 

暑いですね。夏ですね。

夏といえば甲子園ですよね!!

 

いよいよ!明日から全国高校野球選手権が始まります!球児たちの熱い戦いと、チアリーダーの華麗な踊りを見れる季節が、やってきましたね!!!

 

昨日に続いての高校野球ネタになりますが、今日は「応援歌編」伝えします。高校野球を彩るのが何といっても各校の応援!吹奏楽の迫力ある演奏が甲子園をより一層盛り上げてくれます。今回は僕が独断と偏見だけで選んだ「カッコいい応援歌ベスト10」を発表します。

 

 

  • 第10位 「Over Drive」

www.youtube.com

ご存じ「JUDY AND MARY」の名曲、Over Driveです。高校野球の応援歌としてはそこまでメジャーではありませんが、個人的にこの曲が好きなのでランクイン。サビの「走る~雲の~影を~」の部分がいかにも青春っぽくていいですね。高校野球にぴったりです。

 

www.youtube.com

甲子園常連校にはその高校だけのオリジナル応援歌が存在し、この「怪しいボレロ」は龍谷大学付属平安高校(通称:平安)のオリジナルソングです。この曲がかかればバッターが1打席で3本ホームランを打つ。と言われてるくらい恐れられています。迫りくるようなスローテンポが伝統校の雰囲気を醸し出してますね。

 

 

www.youtube.com

もはや甲子園では定番となっているこの曲、元はドラゴンクエストだったんですね。僕も初めて知りました。やはり「戦闘のテーマ」だけあって内から湧いてくるものを感じます。せっかくなので、原曲も載せておきます。

www.youtube.com

ダセゑ。「ヒャド」とか唱えてそう・・・。

 

  • 第7位 「スピードスター」

www.youtube.com

阪神タイガースの西岡選手がロッテ時代に用いられていた曲。ロッテの応援歌はカッコいいので高校野球でも使われることがとても多いです。この軽快できれいな音色が心地いいですね。スピードスターということで足の速い一番バッターに使われることが多いと思うので、さんざん粘ってじっくりこの曲を聴いた挙句フォアボールとか選んでほしいですね(マニアック)

 

  • 第6位 「sunrise」

www.youtube.com

アメリカの元プロレスラーであるスタンハンセンの入場曲として使われていたそうで、否応なくテンションが上がりますね。ちなみにこのスタンハンセン、かなり強かったみたいでプロレス実況の第一人者古館一郎から「ブレーキの壊れたダンプカー」というあだ名をつけられていたそうです。さすが古館。

 

ハンセン

f:id:yusuke1567:20160807002427j:plain

強い(小並感)

ものすごいラリーアットとか持ってそう。

 

 

いかがでしたでしょうか

とりあえず今日は6位までを紹介しました。思った以上に字数が伸びてしまったので続きはまた今度!