読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

転職してみて気づいた事。

 

 

こんちわ。

 

 

 新しい職に移ってから、今日でまるまる一か月です。

まあ一か月なので、まだまだ研修上がりでちょっとだけ

手伝ってるみたいなもんですけど。

 

 

で、転職してみてわかったことが2つあるんですよ。

 

 

1つ目は

仕事ってのはだるい

 

 

以前まで、就きたかった職業につければ、

仕事ってめっちゃ楽しくて人生ハッピーに

なれると少しだけ思ってました。

 

でも、あれだけ憧れた編集職に就いたって、

仕事に行く前の気怠さが無くなることはありませんでした。

 

覚えること多いし、デスクワークだし、平日休みだし、

終わるのは午前2時とかだし、意味不明に怒られるし。

 

愚痴を言えと言われれば無限に出すことができます。

 

まあ仕事ってそもそも

「誰かが必要としているけど、誰もやりたがらない事」

にお金を貰って従事しているものだと思っているので、

当たり前といえばそれまでなんですけど。

 

 

 

 

あともう一つ、

それでも転職して本当によかった。

 

 

いや、仕事はだるいんですよ。でも、そのレベルが

前職と段違いっていうか、ずいぶんとましなんですよね。

 

前職では休みの日も売り上げのことを考えて吐きそうだったし、

日曜日の夕方になると死にたくなってました。

通勤の電車内では辞めた後の妄想を一生やってましたし、

弊社、爆発してないかなとか考えてました。

 

 

仕事がだるいとか、そんな次元のものではなかったんですよ。

 

 

 

でもそれだけ深刻な状況にも関わらず、

「働くってこういうものだ」

と言い聞かせて嫌々ながら続けていました。

 

働くってしんどいもので、みんな辛い思いをしながらでも

頑張ってるんだ。だから自分だけ逃げるなんてそれは

甘えだ。辛くても頑張らないと。

 

 

そんな思いがずーっとありました。

というより、新入社員研修でそういう思考に

矯正されていたのです。

 

 

でも今、職を新たにしたからこそ言いたい。

 

死にたいまで考えるなら、転職すべき。

 

 

仕事はもちろんだるいし辛いことも多いです。

でも、あまりに深刻であるならば、職を転ずるべきです。

 

その辛さは自分の甘さのせいではなく、ミスマッチ。

 

 

 

 

なので、どうしようもない辛さを抱えて仕事をしている人は、

身体を壊す前に転職したほうがいいです。

どこへ行っても同じだという人もいるかもしれないけれど、

少なくとも今よりも良い環境で働ける職場はごまんとありますよ!

 

 

 

 

終わり。