読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

買い物のめんどくささを書いたら読むのがめんどくさくなるほど長くなった話。

 

 

先日、ついにパソコンを買い替えた。

 

前まで使用していたパソコンは大学時代に買ったもので、ノートパソコンといっても相当重いし持ち運びなんてとてもできるタイプではなかった。さらに僕の物持ちの悪さから左矢印ボタンが機能しないという致命的欠陥を抱えていたため、先日ヨ●バシカメラにて[surface pro4]とかいうイカスパソコンに乗り換えた。

 

 

さて、こういった電子機器を買い替えるというイベントは、見ているときは楽しいのだけれど実際買うとなるとマジでめんどくさい。僕はパソコンオタクでもガジェットマニアでもないので、こういう類のものは全く分からない。よって、金持ってぶらぶらしてる僕に目を付けた店員さんが寄ってくるのを待つばかりになってしまうのだ。

 

 

 

で、まんまと狩られてしまった僕は、外でもインターネットが使える[ポケットwi-fi]とやらも買うことになった。どうやらこれは月額で料金が発生するようになっているらしく、携帯電話と同じようにプランがどうだのキャンペーンだのおいしい言葉を並べられてあの手この手で僕からお金を引き出そうとしてくる。

 

 

 

こーいうの、マジでめんどくさい。絶対必要のないサービスも提供してくるから。それで断るのは何となく気まずい。さらに最近のセールスは進化しているらしくて、半年間は無料だけどそれ以降は料金がかかる。みたいなものもある。とりあえず無料で試してみて、必要なかったら外せばいいと。でもこういった類のものは一回契約するとたいてい外せない。そのサービスに慣れてしまうし、外すときの手続等がまたややこしくなるからだ。人間心理を突いたうまい手法だと思う。

 

 

この手のセールスに僕は幾度となく手を焼いてきた。この前ジムに入会したときは水素水なるものを月額1,080円で契約してしまったし、携帯だって変なプランをガンガン取り付けてずいぶん割高な料金になっていると思う。だから今回こそはきっぱり断って、無駄なお金の流出を防ごうと心に決めた。「いや、大丈夫です」この一言を言うだけで何万円という命が救われるのだ。ほんの少しの勇気を持ってください。あなたの、新しい第一歩を応援します。

 

 

案の定、サービス上乗せの話が出てきた。紛失保障やら損害補償やら、「今ならキャンペーンで無償なんですよ」と甘い言葉で誘ってくる。だが、前職でセールスマンをしていた僕は知っている。キャンペーンは年中無休だ。数々の誘惑をかわし、かつ少し悩むリアクションで店員さんとの和を保つという高度なテクニックを披露した後、ついに言ってやった。

 

 

「あの、今回は大丈夫です」

 

言った。ついに言えた。あの時は言えなかった言葉が、多少のたどたどしさはあったものの、ついに「丁重にお断り」をすることができたのだ。長かった。長い道のりだった。今まで幾度となく過去の過ちを責めたものだった。なぜ水素水なんか契約したんだ。と。夜も眠れない日々が続いた。それが原因で会社も辞めた。ストレスで入院もした。しかし、今、すべてのトラウマに打ち克って僕は本当の自分を手に入れたんだ!もう怖いものはない!!

 

勝ち誇った顔で店員さんの顔を見ると、、、

 

 

「そうですか・・・・」

 

 

 

なんで、、

 

 

 

「なんでそんな悲しい顔をするんだよーーー!!!!」

 

気分悪いわ。いらないものをいらないって言ったのになんでそんな顔するんだよ。いらないよだってなくさねーもん普通。だいたい持ちあるくだけのものを壊すってどういう状況だよ。んなもんに月1000円も取られてたまるか。

 

 

やはりこの手の買い物はマジで本当に苦手だった。