読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

「転職無双」する為に伝えておきたい事。

f:id:yusuke1567:20160512220556p:plain

 

こんばんわ。

 

仕事が平日休みになったので、休日が皆と合いません。

 

 

看護師さんを紹介してください。

 

 

 

 

 

さて、この度の転職にあたり10社程度の採用試験を受けました。

もちろん面接までこぎ着けた企業も数社あり、

転職活動における面接の傾向なども何となくは掴めたつもり。

 

なので、経験則をもとに、転職での面接で押さえておくべき

ポイントなどをお伝えできればと思います。

 

 それではいきます。

 

 

 

 

  • 学生時代の話はNG

いくら社会人経験が浅いからと言って、

転職活動で学生時代の話をするのは完全にアウト。

あくまで社会人経験の中で起きた事を話すようにしましょう。

たとえ社会人で泥臭い業務しか経験がなくとも、

それを素直に話しましょう。

 

 

  • 限られた質問をそつなく答える。

転職での面接は新卒時に比べてシンプルです。

「志望動機」「前職の退社理由」「前職の業務内容」

「休職期間の活この辺りを答えられたら後はほぼ雑談。

あと、極度に緊張していると多分普通に落とされます。

社会人経験しているならある程度話せて当り前。という

空気感があるので、変に力まずに軽い商談のつもりで臨みましょう。

 

 

  • 前職での成果物を用意しておく。

これは割と一番大事です。

転職では未経験でも、前職の経験をある程度還元することを

期待されます。なので、前職での経験がどのように活かせるのか

のプレゼンは何にもまして力を入れるように。

仕事の成果物がある方はそれを面接官に見せましょう。

転職活動の面接は変に型にはまらず、ある程度は何でもありです。

 

ちなみに私は編集職を希望していたので、前職で作成していた

求人広告の紙面と、ニート時代に書いた友人のインタビュー記事を

持って行きました。

 

営業職から別業界への転職で、成果物が何もない。という方は

その業界について書かれた新聞の記事のスクラップを用意して

持っていけば良いんではないでしょうか。要は面接官への

プライズと、業界を志望する本気度を見せればOKです。

 

 

 

 

前述いたしましたが、転職活動での面接は「何でもアリ」です。

新卒一括採用のように、何十人も採用する面接であれば

素直で和を乱さない人材が望まれますが、採用人数が限られる

転職活動では、どれだけインパクトを残せるかがカギ。

それ故、面接官の質問や期待にプラスαを付けて返す事が

ポイントです。その為にも、質問内容に関係なく、

こちらからどんどんアピールしていきましょう。

 

 

 

 

以上が転職活動での面接のポイントです。

これさえ押さえれば転職なんざ楽勝。

「強くてニューゲーム状態」で面接を迎えられる事と思います。

 

 

(タイトルの「転職無双」に、強くてニューゲーム

を掛けたかっただけの記事でした。)

 

 

 

フォローもお願いします。

 

[http://人気ブログランキングへ:title]

[http://
にほんブログ村:title]