読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

印象に残っている「先輩」

 

今週のお題「印象に残っている新人」

 

印象に残っている新人、と言われても一年も続かず辞めた僕は

新人どころか後輩さえできた事がない。

 

それにこのエントリー見てると印象に残っている=仕事ができない

みたいになってて胸糞悪い。

 

だから新人の立場から「印象に残っている先輩」

を書きたいと思う。

 

その先輩(通称Hさん)は、僕とは別部署に属していた。

入りたてで右も左もわからなかった頃、「がんばれよ」と

声をかけてくれたのを覚えている。

 

良い先輩じゃないか。

 

顔は結構いかつめだけど、優しい人なんだな。そんな印象だった。

聞けば、他の同期も話しかけられたりして、話題になったりしていた。

 

 

しかしある日、その先輩に違和感を持つようになる。

配属されて間もないころ、後ろで机を蹴飛ばす音が聞こえた。

かなり大きな音だったので、驚いて振り返るとその先輩が

 

「うっとぉしいな!!!ああああああ!!!!」

 

 

と、奇声にもにた声を発してフロアから出て行った。

 

 

な、何だ!?

 

あの優しい先輩が荒れてる・・・。あれは一体。。。

心にざわつきを覚える。普通の人のやる行為ではない。

 

 

その違和感が確信に変わったのは、それから数日後のことだ。

その日、営業で上司と一緒に外回りをしていた。

 

一通り回り終わった後、帰社途中の車内で聞いてみた。

「隣の部署のHさんって、どういう人なんですか??」

すると上司は、淡々とした口調でこういった。

 

 

「あいつか、あいつとは関わるな」

 

聞けばHさんは脳に何らかの障害を抱えているらしい。

そのせいか物覚えが悪く、気性も荒いため

社員からは村八分を食らっているというのだ。

毎年新人に手を出しているのだという。

 

 

 

 

マジかよ。

 

入社して初めて出会った優しい先輩が発達障害

しかも社員から嫌われてる??

 

少なからずショックを受けた。

ただ、幸い別の部署で直接の関わりはなかったので、

特段意識さえしなければ何ら支障をきたす事はなかった。

しかし数カ月後、先輩はとんでもない事件を起こすことになる。

 

 

 

 

「Hが女性社員にセクハラ行為を働きました。女性社員は今後近づかないように」

 

 

衝撃の社内メールが回ってきた。Hがセクハラをしたというのだ。

何と言うことだ。Hは文字どうりHだった。

 

 

その後、Hは「追い出し部屋」と呼ばれる部署に異動になった。

何でも、Hの親と社長が面識があるらしく、解雇する事が出来ないという。

噂ではその関係は在日の筋ではないかといわれている。

 

 

 

 

先輩H

彼は僕にとって本当に大きな存在だった。

そして今後、もう誰も信じないと誓ったのだった。

 

 

フォローお願いします。