読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

僕がブログを書けなかったのは、どう考えても飛田新地が悪い。

ひとりごと

 

 

こんにちわ。

 

お久しぶりです。本当にお久しぶりです。前回の更新から約2週間がたってしまいました。「1日1記事」を目指す僕にとって本当に長い時間ブログを更新していませんでした。

 

 

この2週間の間、広島県に2泊3日の一人旅に出ておりました。しまなみ海道で見た風景が本当に綺麗で、日々の喧騒の中で消耗した心をそっと癒してくれました。

 

 

まぁそんな、何の言い訳にもならないような話はさておき、本題に移りたいと思います。僕が2週間もブログを更新できなかった理由、それはタイトル通り、「飛田新地」のせいだと断定しております。

 

 

僕は以前、飛田新地に行って逃げ帰ってきた記事を2本ほどアップしました。すると閲覧数はあっという間に伸びていき、当ブログの人気記事1位にまで昇りつめてしまったのです。

f:id:yusuke1567:20160907195735p:plain

「エロ系はPVが増える」という法則よろしく、それまで約1年間書いてきた記事をものの数日で抜き去ってしまいました。多くの人から見ていただいてうれしい反面、僕の心境は複雑でした。

 

 

これからどれだけ頑張って記事を書こうとも、この「飛田新地レポ」を追い越すことはできないのではないだろうか。その不安が、僕からブログを書く気力を段々と薄れさせていったのです。こういった症状は「燃え尽き症候群」として知られています。

 

 

 

燃え尽き症候群

それまで意欲を持って一つのことに没頭していた人が、あたかも燃え尽きたかのように意欲をなくし、社会的に適応できなくなってしまう状態のこと。

 

 

それまで面白いブログを書くことを生きがいにしてきた僕にとって、この虚無感はまさしく燃え尽き症候群のそれでした。ちなみに社会的に適応できなくなってしまうのは元からです。

 

 

それからの日々は地獄でした。どこにいても、何をしても頭の片隅には飛田新地が影を落としています。その魔力は恐ろしく、おかげで食はどんどん細くなり、体重も73㎏という理想的なラインをキープ、仕事もうまいことサボることを覚えて全く無気力になってしまいました。

 

 

この地獄を終わらせるため、いっそ飛田新地を燃やしてやろうという三島由紀夫の「金閣寺」ばりの犯行を企てましたが、そんなことをしたら世の殿方から八つ裂きにされて大バカ者として世に名を遺すことになるので、あっさり断念しました。

 

 

そんなわけで、最近ようやく呪縛から解放され、またしょうもないブログを書こうという思いに至ったので、少しづつではありますがまた更新していきます。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

(本当はめんどくさかっただけ)