読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

神経質って生き辛い。

 

 

 

今までいろんな人と出会い、関わってきた中で、

どうやら自分は神経質な性格だということに気付いた。

 

 

神経質ってのは、些細なことが気になって仕方なくなったり、

ちょっとした変化を敏感に察知してしまう性格のことを言う。

 

 

確かに自分は、少しの物音が気になって集中が切れてしまったり、

何気ない一言に傷ついたりしてしまう質だ。

 

 

 

そして、この神経質ってのはどうも世知辛い事を

最近よく気づかされるのだ。

 

 

 

 

先日も仕事でこんなことがあった。

 

 

主にパソコンを使った業務なのだが、どうしても理解できない

操作があった。そこで、先輩にアドバイスを求めたところ、

すんなりと教えてくれた。ここまでは良い。

 

 

あまりに簡単に解決できたので、僕も思わず

 

「お~、なるほど!」

 

と声を上げたところ、その先輩が

僕の琴線に触れる一言を放ってきたのだ。

 

 

「いつもそう言うけど全然覚えへんやん」

 

 

 

f:id:yusuke1567:20160709234015p:plain

 

いや、いる?その一言いる?いらんよな?

その操作ができたことと、覚えることは別問題やん?

ほんでまだ覚える前からそういう嫌味なに?

今俺は感動したったんやん。それを嫌味で返すってなんなわけ?

そういうこと言うからやる気なくすんちゃうんか?

 

 

と、その一言で怒りのエネルギーが湯水のように湧いてくるのだ。

それからは変なしこりができてしまって仕事に集中できないし、

周りのいろんな負の情報を敏感に察知してしまうしで悲惨だった。

 

 

この状態になった時は、何とか心を落ち着けるために

「あの先輩は無神経な人なんだ。だから気にするな」

って荒れ狂う心を何とかなだめて、徐々に波を沈めていくのだ。

 

 

しかし質の悪いことに、張本人の先輩は全く気にする素振もなく

その後も普通に話しかけてきて

 

「こないだ台湾に行ってきたおみやげあげる」

 

とまさかの貢物を差し出してきたのである。

まさに敵から塩を送られた気分だ。

 

そうなると自分が一方的に憎んでるみたいで、何だかバツが悪い。

 

 

 

この類の出来事がある度に、神経質って損だなあと思ってしまう。

相手の何気ない一言に傷つき、無駄なエネルギーを消費してしまうからだ。

 

 

 

傷つく→怒る→優しくされる→反省する。

 

 

この繰り返し。他人に振り回されてばかりのまさに無限ループなのだ。

 

こんな不毛な人間関係に消耗しないためにも

スルースキルや鈍感力を身につけたいところだけども、

前記事にも書いた通り、性格はそう簡単には変えられない。

 

頑張って鈍感になろうと思っても、

鈍感になることに敏感になってしまうので

無駄であることは目に見えているのである。

 

 

生まれつき鈍感である人がうらやましい限りだ。

 

 

 

 

 

鈍感力 (集英社文庫)

鈍感力 (集英社文庫)

 

 

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

 

 

ツイッターもよろしくお願いします。