読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

世界報道写真展に行ってきました。

 

 

世界報道写真展に行ってきました。

 

www.asahi.com

 

 

立命館大学国際平和ミュージアムで行われている写真展で、

世界報道写真財団によるドキュメンタリー、報道写真の展覧会です。

 

世界のプロカメラマンが撮影した作品が

それぞれの部門に分けられ、その中での優秀な作品が展覧されています。

 

 

去年知人に誘われて衝撃を受けたので、今年もやはり行ってきました。

 

 

 

いや、もうね。何か、すごい。

 

 

まあプロが撮影してるんだからすごいのは当たり前なんだけど、

その臨場感というか、迫力というか、一枚の写真から伝わってくる

エネルギーが半端ではない。

 

ただそこにある現象を捉えているだけじゃなくて、その場の

緊張感とか怒り、悲しみ、喜び、そういった感情が剥き出しになって

表れていて、ほんと圧倒されます。

 

 

 

特に「現代社会の問題」の部でのシリア難民や自爆テロ

写した作品は衝撃でした。

 

 

生々しいんですよ。すべてが。

 

爆発で体に大やけどを負った少女や、顔中血だらけの

男の子、死亡した娘を抱きかかえる父親

 

同じ世界で起こっていることなの?って、目を疑いたくなります。

だっておかしいじゃないですか。何の罪もない子供たちが

爆発に巻き込まれて血だらけで死んでるって。いつの時代の話ですかって。

 

 

自分たちは多分、世界で起きている悲惨な出来事を

「ニュースの一部」

としか捉えられてないと思うんですよ。

 

 

「シリアの○○で自爆テロがあり、何人が死亡しました。

次のニュースです」。って。

 

コンベアーのように流れて行っちゃって、終いにはどうでもいい

不倫やスキャンダルに消されていくんです。

 

 

だから、現地で何が起きているのか、爆発で人が死ぬって

どういうことなのか、全く想像ができないんです。

「何か大変みたいだなあ」で終わっちゃうんですよね。

 

 

過激な写真を見てはいけないとか、子供の発育に悪影響だとか、

何かにつけ事なかれ主義を貫こうとしている時代ですが、

だからと言って今世界で起きている現実を知らないでいるのは

とても悲しいことだと思います。

 

 

この現実を見て、明日から何か変わるわけではないんです。

でも、それでも知っておくこと、見ておくこと、

捉え方は人それぞれだと思いますが、

「明日も頑張って生きよう」

と、思えます。そう思わされます。

 

 

ぜひ足を運んでみてください。

 

 

 

 

まぁ一番の見ものは行き返りのバスで

立命館の女の子がたくさん見れることなんですけど。(クソ)