読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

「海よりもまだ深く」を見ました。

 

 

 

こんちわ。

 

 

先日、是枝裕和監督の最新作「海よりもまだ深く」を見ました。

 

www.youtube.com

 

 

是枝作品との出会いは前作海街Diaryでした。

 

「とにかく美女が見たい」

 

という不純極まりない動機から見たのが、あまりの完成度の高さに

心打たれまくり。一筋の涙がそれは女優のようにきれいに流れてから

是枝監督の虜になりました。

 

 

 

 

さて、今作の「海よりもまだ深く」ですが、

なんと言っても樹木希林の演技力に尽きます。

 

ここまで自然体で演じられる人がいるんだなあ。

って、ど素人ながら感動しました。演技に癖がない

というか、無理がないというか、とにかく溶け込んでる。

特別何かが起こるわけではない、誰にでも起こり得る

日常を映画化できるのは、この人の演技あってこそ

だと感じさせられます。

 

 

そこから生まれるセリフも、良い。

 

「幸せってのは何かをあきらめないと手にできない」

 

「人生なんて単純よ」

 

といった深い言葉を、さらっと言えてしまう

器の大きさ。きっと波乱万丈の人生を生きてきた当人

だからこそ扱える言葉なのだと思います。

 

 

 

この作品を見るまで、樹木希林のことは

ロッケンロールおばあちゃん」

ぐらいにしか思っていませんでしたが、

見方が180°変わりました。

 

人生経験が豊富になるとこうもあっさりと

言葉を扱ってしまうのかと思うと、

歳を取るのも悪くない。そう思わされました。

 

 

 

何か樹木希林礼賛記事みたいになりましたが、

もちろん他の俳優さんもいい味を出していて、

作品としても大満足です。

 

 

決して画面を彩るイケメンがいるわけでも、美女がいるわけでも

ありませんが、(真木よう子の哀愁はマジよかった)

なんでもない日常をなんとなく生きる人達が描かれていて、

色々と足りないところや物足りないところもあるはずなのに

それさえも愛おしく思えるような、そんな映画でした。

 

 

 

今月発売の「SWITCH」樹木希林特集も

ぜひチェックしたいところです。

www.switch-store.net

 

 

では。