読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

「言い訳」を考えるのを辞めた。

 

 

 

怒られてる時に考えるのを辞めました。

 

 

 

怒られてる時って、回答不能な質問が

くるじゃないですか。

 

「何でそうなったん?」

 

とか。

 

そんなの知らねーよ。成り行きだよ。

としか答えられないんだけど、

でもそんな事言えるはずもなくて、

結局嫌な時間が流れるじゃないですか。

 

 

 

今までは、あの時どうすれば自分がうまく切り抜けられるかを

必死に考えてたんですけど、もう辞めた。

考えるだけ時間の無駄だった。

 

 

 

あの時怒る側って、正当な理由なんか求めてないんですよ。

自分のイライラをぶつけたくてしょうがないんですよね。

だからわざと時間作っていたぶってるんですよ。

 

オナニープレイだよ全く。

 

そんな時に、どれだけ言い訳を考えたところで

「そうか、なら仕方ない」

とはならないんですよね。

 

 

だから、どう答えるのが正解か。

なんて考えるだけ無駄だと思うんです。

 

 

怒られる側としては、相手の怒りが引くのをひたすら待つ。

それが一番だと、最近気づきました。

 

 

 

だから、「あ、これヤバいやつだな」

って思ったら、ひたすら黙って謝りましょう。

そして「もういい。下がれ」の指示を待ちましょう。

 

 

 

 

昔、高校の時の顧問の先生が残した言葉があります。

 

「スマッシュにスマッシュを返してはいけない」

「スマッシュにはロブで返さないと」

 

※テニス部ではなく、野球部です。

 

 

 

状況が悪い時に、変な悪あがきはやめて、

ひたすら時間が経つのを待ちましょうね。

 

 

 

以上が研修で答えられない質問が飛んできたときに

考えていた事です。(仕事をしろ)