読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

フリーターを4か月ほど経験して気付いた事

f:id:yusuke1567:20160401092540j:plain

 

 

おはようございます。

 

この間同期から「会社辞めた」とLINEがきた。

一年で新卒が6人辞める会社・・・デンジャラス。

 

 

さて、会社をクビになったことからひょんなことからフリーター生活が

始まったわけなんですけど、訓練校に行ったり、入院してたりして、

かれこれ四か月がたった。

 

 

この四ヶ月間で、気付いた事がある。

 

 

フリーター続けられるやつマジすげーー

 

 

いや、ちがう。ちがう。

決して自己肯定しているわけじゃなくて、

あくまで何年も続けられる人って事。

 

 

フリーターをしていたら様々な葛藤とぶつかる。

 

まずは焦り。

 

同い歳の友達が頑張っているのに俺はいったい・・・。

 

ていうネガティブな気持ちが襲ってくる。

最初の二週間ぐらいまでは朝10時に起きられる事が快適だったけれど、

段々「俺このままだと幸せになれないのかも・・・」

とか婚期のがしたOLみたいになってしまう。

 

 

次に世間体。

 

これはとても強力で、とくに近所のおばちゃんなんかと

平日の昼に出会おうもんなら

「あれ?今日は休み?」

とかナチュラルに聞いてくる。これには苦笑いしかない。

しかも段々察してきて、2か月も経とうもんなら

「がんばりよォ」

とか謎のエールを送られるのだ。

特に日本人は世間体を人一倍気にする生き物なので、

この力はかなり強力だ。

 

 

 

そして最後に家族への罪悪感。

 

何と言っても。やっと手を離れたと思ったら舞い戻ってきて

年甲斐もなく家にいるってのは何とも辛い。

なまじ親も優しい分、「無理させてるなあ」

という罪悪感に苛まれてしまうのだ。

この力に抗えるやつ、スゲーよ。

 

 

 

以上の事から、何年もフリーターやらニートやら続けている人は

逆に凄い。という結果に至った。

 

何かを成し遂げるには、常識を打ち破らないといけない。

 

みたいなことを、CMで見た気がする。

彼らはその通り、逆方向に打ち破り、常識に抗い続けている。

一度ふっきれた人間は強い。

彼らの今後の、常軌を逸した行動に期待したい。

 

 

そして僕はもうはやく働きたくてたまらないのだ。

(小心者)