読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

クリスマスも近いので女の子を撃ち落とすテクニックを伝授するぜ!



12月ですね。

世間はどこを見てもイルミネーションだのクリスマスだの浮き足立っていてバカだなと思うばかりですよ。本当に。本当だよ!!



さて、今日はもうじゃっかん遅いかと思いますが、女の子を撃ち落とすテクニックを紹介したい。と、そう思います。



女の子を落とすにはやはりまず褒める。これが基本ですね。褒められて嫌な気がする人はいないでしょう。バカみたいに褒めておけば良いんですよ。どーせバカなんだから。



しかし、この褒める。というテクニック位世の殿方は嗜んでおります。それぐらいの技を持ってないと女の子に相手にされないわけですから。


ではどうすれば良いか。簡単ですね。この褒める。を差別化すればいいのです。より適切に、より深く褒めるのです。そうすれば相手の柔らかい場所をいつまでも締め付けることが出来ることでしょう。素晴らしい!



私が思うに、女の子を褒めるには3つのパターンがあります。それぞれ初級、中級、上級に分かれています。で、この上級の褒め言葉をマスターすれば、社会人の大好きな他社との差別化ができ、圧倒的成長へと繋がっていくのです。



まずは初級、これは"可愛い"や"美人"など、ほぼ一般的な褒め言葉を指します。これさえも言えない人間もいますが、ここら辺はさらっと言えるようでないと、美女戦線では戦えません。


次に中級、これは"髪の毛が美しい"や"目がキレイ"など、その人固有の褒め言葉を使うのです。その人にしかないパーツを褒めることで初級よりも個人として見ている、という喜びに繋がります。



ここまではまあほぼ全員が言えるのではないでしょうか。つまりこれができて初めてスタートライン。ここから世にはびこるイケメンやスペックの高い野郎共と、どれだけ差別化できるかが非常に重要なポイントになります。



では上級編、これは"今日のピアス可愛いね"や"髪型変えた?"など、その時にしか使えない言葉を用いるのです。時系列を駆使することで過去の自分と今の自分の両方を見てくれている。という感情がわきます。その人にしかない、さらにその時にしか言えない言葉を使うことは、何よりの特別感を味わわせる事ができるのです。





いかがでしたでしょうか。
そんなこと知ってるよ!という人、じゃああなたはなぜこんなページを開いた!女の子とLINEしろ!
そうだったのか!という人、少しでもお役立ちができたならこんなに幸せなことはありません。授業料として100円徴収します。



そんなことで、クリスマスまで残り2週間を切りました。今私が伝授したテクニックを使って、ぜひ、リア充のクリスマスをお楽しみください。

















と、パンツェッタ・ジローラモと親交のある先生に教えてもらいました。ちなみに私は明らかに髪型を変えた女の子のその変化に4日気付かず、さらに捻り出した褒め言葉も"まあ、違和感はないよ"というゴミみたいな事を平気で言うデリカシーのない男です。ごめんなさい。