読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

ギリギリで生きてる



うぃ。

疲れるわ。そら疲れるわ。
8時半に帰ってきて9時半から10時過ぎまで仕事、風呂入って11時前から12時まで仕事。そら疲れるわ。


わざわざ事細かに時間を書いているのは決して"俺頑張ってるアピール"なんかでは全くなくて、本当に疲れるって事を発信していきたい一心なのです。



ところで今日も相変わらず飛び込み営業をしておりました。全くなんて古臭くて効率の悪い。と思いながらやってました。


で、まあそんな気が緩んでたら当然ミスをするわけです。わたくし、本日うっかりしていて名刺5枚で車に乗り込みました。


支店長からは1日20件は回れと言われています。







たりねぇ




どう考えても足りない。飛び込んだ際でも必ず名刺を渡す。それが社会人のルールです。

このままでは支店長からおかんむりをくらうこと間違いなし。車の中で何とかいい方法をと考え抜きました。




話を聞いてくれた人にはあげよう。
いなしてくる人はあげないでおこう。



若干の理不尽さは否めませんが、何せ緊急自体なもんで、これは致し方ない。むしろ英断とみた。



その後はクッソ暑い中路駐しながら回ってたわけよ。で、クッソやる気のないお客さんがいて、"あー、いらんいらん。もう帰って"とまるでボロ雑巾かのような接遇を受けました。


普段なら腹が立ってその後イタ電コースなのですが、今回ばかりは名刺のストックを減らさなかった事が嬉しくて、"わっかりました!はい!どーも!"とか適当にあしらっていました。



で、帰ろうとして背を向けたその時、


"あー、名刺だけもろとくわ"




えぇぇ。
あんた出さへん言うたヤン。
興味ないって言うたヤン。
帰れって言うたヤン。


名刺だけもろとくってやめーや!

こっちの名刺事情も知らずに!


とか思いましたね。



結局、資料は受け取ってもらえず、名刺だけ渡すというなんの意味もない飛び込みでした。



準備の大切さを知った1日でした。
では、また明日