読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何かとやってみるブログ

本職にしたい。

上司とご飯行った時にお金出しますポーズはどこまですべきなのか


はい。こんちわ。

ゴールデンな週間がついに終わり、
明日からまた普通に5勤2休の日々です。


今までこれが普通だったのに、
明日からの生活続く気しねぇ。。。


これが世に言う五月病ってやつかよ。



で、話は変わり、

昨日直属の上司とランチをしたんですけど、
まあ普通は奢られるじゃないですか(傲慢)

どケチには定評のある俺ですら
新人をご飯誘ったらオートマチック奢り
するもん。そりゃね。
しかもそれが低価格とくりゃ
800円で上司の威厳保てるチャーンス!
とばかりに奢るもん。



とは言え、"奢って当然でしょ?"
って態度は明らかにクソだと思うし、
まあ断られるだろうなぁと思いながらも
自分の分出します!ポーズを取るわけです。



どこまでこの芝居を続けるか。



ここなんですよ。


上司が会計を済ませてる間に
財布からお金を用意するのはまあ普通。

そこから手渡すわけですけど、
"200円ありますか?"
ってお釣りを要求する具体的プランか
それとも
"払う気はありましたよ"
って紙幣を見せる誠意プランを取るか


まーじ悩みどころ。


今回は千円札出して、
"あ、お釣りもらえますか?"
とまで言う具体的プランで攻めけど、
(当然拒否された)
もうお互い分かってるもんこのやり取り。


これがいわゆる無駄ってやつなんですけど、
それでもやっとかないと具合悪いしなぁ。


この不毛な動作を省く方法が
二つあると思っていて、


一つは新人が"今日はおごりですか?"
って果敢に攻めること。

これさえ確認しておけば怖いものなしだし、何より人の金で食う飯は最高に美味い!
(ゲス顏)


ただしこれは上司との関係が相当深く、
お互い信頼し合ってる中でないと
取り返しのつかない事になるので、
パンドラの箱というやつですね。
ハイリスクハイリターン。



もう一つが上司の方から
"今日は奢るから"っていう事。
これが一番現実的だと思う。

この一言さえあればお互いノーストレスで
食事を楽しむ事ができるし、新人も
余計な事を考えずに済むでしょう。



結論としては、



上司が言う。



という結局他人任せになるわけです。



まあ何にせよ、感謝の気持ちは絶対に
忘れてはいけませんし、それを
しっかり伝える事が何より大切ですね。



(最後にうまくまとめる事でそれまでの
クソ議論を無しにしようとする。)



それではまた明日からがんばりましょー。